りんごとおやき

0

    どれだけの方に、甘いおやきは作らないんですか?と

    聞かれてきた(要望を受けてきた)ことでしょう。

    「そうですね〜、やりたいですよね〜〜」というレベルの低い相槌で

    曖昧にすり抜けてきましたが、

     

    ともさんが、とうとう開発してくれました!

    ありがとう、ともさん!!
    そして、とっても美味しい!!
    りんごとおやきって、相性が抜群だね!

     

    また手の込んだことをやってます。笑
    「りんごカマンベール」OYAKIには、
    無農薬グリーンレモンをたっぷり絞って諏訪のりんごのトロッと煮を作り、
    バター入り無農薬かぼちゃのペースト、カマンベールチーズ、和クルミが入っています。

     

     

    日本産のクルミは手に入りにくい、でもどうしてもクルミなんだ!ということで

     

    ともさんが、殻入りのものを割って生の身を、専用の耳かきのようなものでかき出しています。
    私も手伝ったことがあるんですが、1時間で取り出せた量は大さじ1杯くらい。ちょー大変!!
    ただ、掘り出したての生クルミは、とってもジューシーなんです。

     

     

    お砂糖は、料理には素焚糖(奄美大島のサトウキビ糖)を使うことが多いですが、

     

    りんご煮には、洗双糖(種子島のサトウキビ糖)を使って、うんうん!うまくいった!ということです。

     

     

    「りんごカマンベールチーズ」OYAKIは、ボリュームは少し控えめで400円(税込み)にしました。
    デザートに、朝食に、軽めのランチにも。

     

    100%日本の新しいデザートをぜひお早めに。りんごあるだけ〜!

     

     

    本日の写真は、「ここはアトリエ?」。

     

     

     


    おやき元年

    0

      こちら、初日の出を待つ私たち。

       

      ではなく、

      (元旦は、それぞれ、寝過ごし系でしたので)

      1月4日、安曇野へ向かう途中の幻想的な諏訪湖。

      朝陽を待っていた時です。

       

      あまりに美しい地球の風景に包まれながら、

      決意を新たにいたしました。

       

      格差・分断・排他、、、硬く寂しい言葉がならぶ報道が続きます。
      そんな時だからこそ、
      愛で包んだ丸いOYAKIの可能性を勝手にますます感じています。
      イケてない決意のポーズは見過ごして頂きまして
      本年は、1月7日(土)8:30に営業スタートさせて頂きます。
      みなさまとご一緒に、ますます健康に元気になっていく2017年になりますように。
      どうぞ、本年も宜しくお願いいたします。

      ※アーシャ(広告用アーティスト写真)もお互いの携帯電話で撮り合いまして
      準備は完璧でございます。
      上:のむさん  下:ともさん

      おやき+

      0

        OYAKI Companyを世界一の健康なファーストフード店にすべく、

        日々、奮闘中の私たちですが、
        もっと盛り上がっていこう!と、
        今朝から、豆絞りを巻いてみました。
        日本のお祭りエネルギーが注入され、
        ますます気合が入りました。
        そんな私たちは、大きさにも気合の入ったOYAKIを、
        これ以上大きくしないように丁寧に作っています。
        これは、炭火で焼く前なので、もう少し小さくはなりますが、
        このセイロ、業務用の大き目のもので42cm、
        そこに3つしか蒸せない。
        ということは、大きさイメージ出来ますでしょうか。
        そして、巨大な圧力鍋(30合炊けます)。
        朝一番に、無農薬の玄米をたっぷり炊きます。
        (※開店前の懐かし写真。重くて2人で持ちます)
        オープンの8時半から数量限定、
        炊きたてのお米で、こんな朝限定メニューが始まりました。
        ●わさび丼(みそ汁・漬け物つき) ¥850
        安曇野のワサビ(大ファンの丸六わさび問屋さんのもの)をすりたてで。
        香りが強く、体が爽やかに目を覚まします!
        かつお節とたまり醤油で。
        ●卵かけご飯(みそ汁つき)¥500
        今まで食べた卵の中で、一番クリアで濃厚な味・大松卵
        こちらも、うまいたまり醤油で!
        このあとは、どんどん握られまして、おにぎりになっていきます。
        ●もっちもち 玄米おにぎり(ラウス昆布煮入り) ¥200
        ちょっと足りない時、お持ち帰りにも、いいですね。
        そして、とうとう、ともさんがデザートを作ってくれました!!
        この無農薬玄米を、奄美大島の素焚糖の上品なアンコで包んだ、
        そう、「おはぎ」!
        ●コロッと3つ  おはぎ ¥500
        オーダー頂いたら、ともさんが包んでくれます。
        これは、まさに日本のトリュフ!
        一つは、内藤トウガラシを振りかけています。チリチョコの原理です。
        (写真・加藤さん)
        あれ!わたしたち、何屋さんでしょう。笑
        OYAKI屋ですが、OYAKIの枠は時に飛び越えまして、
        みなさまが元気になる日本のうまいものを食べて頂きたいのです。
        もっちもちの玄米メニューもぜひ!
        さて、OYAKI、OYAKI。
        次回は、OYAKIのことを書きたいと思います。

        変更祭り

        0

          現在、12月16日。

          オープンして2週間。

           

           

           


          オープン前のバタバタ劇から、

           

          やっとルーティンワークに入りまして落ち着き払って、毎日のんびりとやっております。

           

           

           


          とはいかず、

           

           

           

          はは、HPに告知をあげ続けておりますが、変更祭り。

           

           

           


          OYAKIのサイズをますます大きくしたり、

           

          営業時間を延ばしたり、

           

          メニューも、OYAKIの種類を増やしているだけではなく、

           

          クッキーやワサビ丼、甘酒ドリンクなど準備を進めています。

           

          今後も変更祭りは続く予定です。笑

           

           

           


          1、2週間前にお越し頂いた方に、

           

          「全く違うじゃないですか!」と言われることを恐れず、

           

          オープンしてみて初めて気がついた事は、出来るだけ早く変更しています。

           

           


          冷凍をチン!完成したら置いておいていい!などをしないで、

           

          最高の状態で味わってもらいたい、

           

          だから、その手間を惜しまないと覚悟しているものの、

           

          それを、ファーストフード店でさらっと出すってことの難しさを感じる日々でした。

           

           

           

          お店クローズ後に、毎日、ミーティング、試作、厨房機器の買い足しを繰り返しております。

           

           

           


          ということで、ブログはあがっておりませんでしたが、

           

          お店は、毎日オープンしておりますし、

           

          毎日、変革がおきております。

           

           

           

          1回お越し頂いた方も、新しい気持ちで楽しめるかと思います。

           

           

           


          明日(12月17日)から、ぐっと延長いたしました営業時間、

           

          朝8:30より、みなさまのお越しをお待ちしております。

           


          無事にオープン

          0

            とても嬉しい来訪が続いたオープン4日間。

            みなさまの「おめでとう!」という気持ちに感無量の連続でした。
            実は、どうしても12月1日にオープンをしたい理由がありました。
            会社員を辞めて、初めて飲食店を開店した日が、8年前の12月1日。
            9年目スタートのその日に、自分たちの8年間の集大成の新しい形をスタートさせたかったんです。
            完璧な幕開けとは言えないのですが、
            どうにか無事オープンが出来て、ほっとしています。
            みな様が撮ってくれた写真を、少しご紹介。
            (写真:チエコ姉さん)
            (ランチセットは、みそ汁と野菜小鉢とお茶がつきます 写真:山根さん)
            今日は初めての定休日(月曜日)。
            ともさんは、研究に余念がなく、
            のむさんは、足りない備品の購入に走っておりました。
            さて、明日からも日本が誇るファストフードになるべく、
            たくさんOYAKI包んでいきます。
            ぜひ生まれたての「OYAKI Company」を見守って頂ければ幸いです。
            ※12月9日(金)は、設備の調整のため、臨時休業を頂くことになりました。
            急な決定、大変申し訳ございませんでした。


            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << March 2017 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode